国税当局と闘う弁護士 勝率5%に挑む

法務インサイド
税金
法務・ガバナンス
2020/9/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中古賃貸マンションの売買時の消費税の税務処理が争われた訴訟で、東京地裁は9月、東京国税局が不動産会社に行った課税処分を全て取り消す国税敗訴の判決を言い渡した。税務訴訟の完全勝利の確率は5%に満たない。企業側勝利の立役者の一人が弁護士の平川(へがわ)雄士氏(45)だ。国税当局の課税処分に納得できない企業の代理人として弁護団に参加し、一気に流れをたぐり寄せる。今や、この世界でその名を知らない人はいな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]