省エネ補助の要件見直し 経産省、高効率設備を優遇

経済
2020/9/27 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は2021年度に省エネルギー設備の導入補助の要件を見直す。効率の高い最新の設備は補助率を引き上げて他の機器と差をつける。企業の温暖化ガスの排出量の抑制を後押しする。

現在、工場や事業所が省エネ設備を導入する場合、最大で費用の2分の1を助成している。性能の高い最新の設備については補助率の引き上げを検討する。あわせて中小企業は大企業より支援を手厚くする方向だ。

エネルギー対策特別会計の21…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]