/

この記事は会員限定です

老朽インフラ 5割が未修繕 高まる危険、費用増加も

エコノフォーカス

[有料会員限定]

老朽化した地方の橋やトンネルの5割が修繕などに着手できていない。5年周期で点検し、早めに対応するルールが形骸化している。人口減少などで必要性が薄れる道路インフラは廃止・集約も選択肢になる。国土交通省は2021年度からの社会資本整備重点計画で、市町村に再編計画の策定を促す検討に入る。

和歌山県田辺市の秋津橋。1971年築で長さ63メートルの橋はコンクリートの梁(はり)がはがれ、早急な対応が必要な状態...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン