/

この記事は会員限定です

公明、山口・石井体制に 「世代交代で衆院選勝利を」

[有料会員限定]

公明党は27日、東京都内で開いた党大会で山口那津男代表の7選を承認した。幹事長に石井啓一氏、政調会長に竹内譲氏を起用するなどの新たな執行部人事も決めた。山口氏は記者会見で「世代交代を図り、党の活力を発揮できるようにする。次期衆院選に勝てる体制を整える」と語った。

幹事長だった斉藤鉄夫氏は副代表兼務で総合選挙対策本部長に就いた。その下の選挙対策委員長には西田実仁参院会長を起用した。政調会長だった石田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン