/

この記事は会員限定です

中国外相、10月来日で調整 菅首相とも会談検討

[有料会員限定]

日中両政府は王毅(ワン・イー)外相が10月に来日し、茂木敏充外相と会談する調整に入った。菅義偉首相との面会も検討する。菅政権発足後、両国高官が直接対話する最初の機会となる。

日中間の要人往来は2月に楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員が来日して以来となる。安定した両国関係を維持する重要性を確認し、沖縄県・尖閣諸島や香港問題などの懸案も話し合う。

中国は菅政権が発足したのを踏まえ、早期の対面会談に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り601文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン