ホンダ、子ども見守り機器 センサーで車の接近検知

2020/9/27 19:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダ子会社の本田技術研究所は子どもの見守り機器「Ropot(ロポット)」を開発した。ランドセルなどに付け、後方から近づく車を検知すると振動して子どもに危険を知らせる。スマートフォンの専用アプリを介して保護者と行動履歴の共有もできる。今後、自治体などと実証実験を実施して発売をめざす。

手のひらサイズの機器で、同社が車両の衝突防止システム用に開発してきたセンサー技術を応用した。最大で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]