プロ野球

巨人・戸郷、新人王近づく8勝目 タイトル意識も冷静

2020/9/27 19:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8月27日以降白星から遠ざかり、気負いが空回りしてもおかしくないマウンドで、2年目の20歳とは思えない巨人・戸郷の冷静さが光った。序盤こそ球が上ずったが、きっちり修正。「今月は勝ちがなくチームに迷惑をかけていた。なんとか1勝でも」と臨んだマウンドで8勝目を手にした。

一回に連打で無死一、二塁を招くなど三回まで毎回の4安打を浴びたが、要所で粘ったのが大きかった。徐々にリズムをつかんで腕の振りが良く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

豪快なスイングとともに、今季は右方向への本塁打が目立った(9月)=共同

 プロ野球セ・リーグは30日、巨人が2連覇を飾った。4番を務めた岡本和真(24)は、本塁打と打点でリーグトップを争う存在感を示した。初の打撃タイトルも狙える活躍で打線をけん引した主砲に、新型コロナウイ …続き (5:00)

 30日に2年連続でのセ・リーグ優勝を決めた巨人は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、恒例となっていたビールかけや祝勝会を自粛した。また、オフの優勝旅行も取りやめることが決まった。
 5年ぶりのリーグ …続き (1:20)

 三回巨人2死二塁、岡本が左越えに逆転2ランを放つ=共同

 コロナ禍の影響を受けたシーズンが異例なら幕引きも異例だった。3―3の延長十回、巨人の裏の攻撃を待たずに優勝を告げるアナウンスが場内に流れる。サヨナラ勝ちの可能性を残した最後の攻撃も決めきれず、本拠地 …続き (30日 23:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]