野党で過半数の候補擁立を 立民・福山氏、衆院選巡り

2020/9/27 18:15
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党の福山哲郎幹事長は27日放送のBSテレ東「NIKKEI日曜サロン」で、次期衆院選へ候補者擁立を急ぐ考えを示した。「国民民主党や社民党を入れて(465の衆院定数の)半数を超えることが第一だ」と述べた。

立民として200前後の独自候補の擁立にメドがついたと説明し、さらに上積みを目指すと話した。共産党と選挙協力を進めるとも語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]