/

亡き人しのび、静かに祈り 御嶽山噴火6年で追悼式

58人が死亡、5人が行方不明になった2014年の御嶽山(長野、岐阜両県、3067メートル)の噴火から6年となった27日、麓の長野県王滝村で追悼式が開かれ、遺族らが噴火発生時刻の午前11時52分に合わせて約1分間黙とうした。慰霊碑の前では、花や千羽鶴を供え、静かに手を合わせた。

御嶽山噴火から6年の追悼式で、発生時刻に合わせて黙とうする遺族ら(27日午前11時52分、長野県王滝村)=共同

長野県東御市の伊藤ひろ美さん(59)は亡くなった夫、保男さん(当時54)を思いながら「何年たっても毎日後悔と反省の日々。亡くなった方々の命を生かすためにも活動を続けていきたい」と神妙な表情で語った。

王滝頂上山荘で亡くなった浅井佑介さん(当時23)の母親、正子さん(60)=名古屋市=は、今年7月に初めて登った王滝頂上への慰霊登山を振り返り「連れて帰ってきた佑介と、今年は一緒に追悼式に来ることができた」と語った。

夫の泉水さん(当時59)が犠牲になった長野県安曇野市の野口弘美さん(62)は今月13日に慰霊碑の近くに植えた、夫が好きだったモミジの苗木を見つめ「いつかきれいに色づいたモミジを夫やみんなに見せたい」と話した。

今年は新型コロナウイルス感染防止のため、参加者数を減らすなど式の規模を縮小。遺族や不明者の家族、地元の関係者ら65人が参加した。被災者家族会「山びこの会」代表のシャーロック英子さん(61)は「コロナの影響で参列できない皆さんの分まで追悼したい」と話した。

火口から約1キロ圏内の立ち入り規制は続いているが、18年9月、噴火後初めて長野県木曽町側から山頂に至る登山道の規制が解除され、一部の遺族らが山頂まで慰霊登山した。19年7月1日の山開きから夏山シーズンを通しての登頂が可能となった。20年8月1日からは王滝村側の王滝頂上までの登山が可能となった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン