/

関脇正代、大関昇進へ 大相撲秋場所で初優勝

初優勝を果たし、賜杯を手にする正代(27日、両国国技館)=共同

大相撲秋場所で初優勝した東関脇正代(28)=本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進が確実となった。昇進問題を預かる審判部の伊勢ケ浜部長(元横綱旭富士)が、昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請し、受諾されたことを明かした。

今場所で正代は朝乃山、貴景勝の両大関を破るなど13勝を挙げて初の賜杯を獲得した。30日の臨時理事会で承認されれば正式に昇進が決まる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン