/

この記事は会員限定です

ミリ単位の感性 オリンピアンが信頼する職人

厚底革命 シューズにかける(6)

(更新) [有料会員限定]

兵庫県加古川市。タクシーの運転手に名前を告げれば説明いらずで連れていってくれる有名なシューズ工房がある。建物内ではミシンの音が響く。代表を務める三村仁司さん(72)は45年以上にわたって個々の足に合った特注ものをハンドメードで提供してきた。多くのトップ選手の足元を支え、オリンピアンをメダルへと導いてきた職人である。

アシックスを定年退職した2009年に「ミムラボ」を設立し、約4年前に現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2619文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン