/

この記事は会員限定です

市民マラソン中止・延期で損失7100億円 関西大試算

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で中止が相次ぐ市民マラソンを巡り、2020年秋から21年春を中心に開催予定の約460大会の大半が中止・延期された場合、経済的損失は推定計7100億円に上ることが27日、関西大学の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)の試算で分かった。

参加者2000人以上の大会について、参加費や宿泊費などの直接効果のほか、原材料の販売増などの1次波及効果、それらにより増えた所得が新たな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン