トヨタなど、EVや自動運転競う 北京自動車ショー展示

中国・台湾
ビジネス
2020/9/27 2:00
保存
共有
印刷
その他

26日、北京市で開幕した北京国際自動車ショー。新型コロナウイルスの感染拡大で米デトロイトのショーなどが相次ぎ中止となるなか、感染拡大後に世界で開かれる最大の自動車ショーとなる。開催は10月5日までだ。

新型コロナの感染封じ込めでいち早く立ち直った中国市場に商機を求めて出展した日米欧と中国の自動車大手は、電気自動車(EV)の新車展示を中心に中国重視をアピールした。

FCV「ミライ」などを公開したトヨタ自動車

FCV「ミライ」などを公開したトヨタ自動車

中国で販売が好調なトヨタ自動車は燃料電池車(FCV)「ミライ」や、自動運転のEV「イーパレット」を披露した。上田達郎・中国本部長は「今年、中国でのハイブリッド車(HV)の累計販売台数が100万台を超えた。今後もHVだけでなくFCVやEVなどを中国の仲間の皆様と展開していく」と強調した。

ホンダは中国で初めてとなる「ホンダ」ブランドのEVのコンセプト車を発表した

ホンダは中国で初めてとなる「ホンダ」ブランドのEVのコンセプト車を発表した

ホンダは中国で初めてとなる「ホンダ」ブランドのEVのコンセプトカーを披露した。井上勝史中国本部長は「中国の新たな電動化社会にふさわしい乗り物として近い将来に具現化したい」と語った。主力の多目的スポーツ車(SUV)の「CR-V」で初のプラグインハイブリッド車(PHV)も公開した。

独フォルクスワーゲンはEVのSUVを発表した

独フォルクスワーゲンはEVのSUVを発表した

好調の日系2社を迎え撃つ中国シェア首位の独フォルクスワーゲン(VW)もEVやつながる車で巻き返す姿勢を示した。VW中国のステファン・ボランスタイン最高経営責任者(CEO)は「これからの車はコンピューターが熱い話題だ。ネットにつながるシステムを搭載した車を出していく」と述べた。新たに発売する電気自動車のSUV「ID.4」などを発表した。

中国投資を増やすことを表明した独BMW

中国投資を増やすことを表明した独BMW

独BMWは今後も続けて中国市場の開拓を強化する方針だ。新しいSUVのEVを発表し、中国で生産して世界へ販売すると表明した。今後も中国で電気自動車の車種を拡大する。

BMW中国のジョーチェン・ゴーラーCEOは「中国合弁事業では遼寧省瀋陽市の工場で2018年までに640億元を投資した。今後数年間で(新たに)240億元程度増えるだろう」と説明し、中国で生産能力を拡大していく考えを示した。

独ダイムラーの乗用車事業会社メルセデス・ベンツは旗艦車種「Sクラス」の新型車を発表した。中国では高級車市場が成長している。メルセデス・ベンツの中国子会社トップは「Sクラスの販売台数は中国がトップで、5台のうち2台が中国向けだ」と明らかにし、中国市場を重視する方針を強調した。

米フォード・モーターはSUVのEVを発表した

米フォード・モーターはSUVのEVを発表した

米中対立が先鋭化しているが、米国企業も世界最大の中国市場の商機を狙う。米フォード・モーターはSUVのEV「マスタング・マッハE」を発表した。21年から中国で輸入販売する計画で、フォード中国の陳安寧CEOは「中国の高級EV市場のダークホースになることは間違いない」と自信を示した。

陳CEOは10月にフォード中国のデザインセンターを立ち上げ、中国市場向けの新車開発に力を入れる方針も強調した。

北京汽車集団はSUVのプラグインハイブリッド車を発表した

北京汽車集団はSUVのプラグインハイブリッド車を発表した

地元の中国勢も負けられない。新エネルギー車で先行してきた北京汽車集団は独自ブランドのSUV「X7」のPHV版を発表し、23~25年に限られた条件下で自動運転をする「レベル3」から人が操作しない自動運転の「レベル4」の量産車を投入する計画も明らかにした。蔡速平副総経理は「独自ブランド車のサービス体系を整備して競争力を高める」と述べた。

北京汽車は年内に投入する独自高級車ブランド「アークフォックス」の新車の実売価格を25万元(約390万円)以上に設定すると発表した。中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部も参加し、同社が開発した次世代通信規格「5G」の技術を新車搭載することも明らかにした。

中国国有大手、広州汽車集団は独自ブランド「伝祺(トランプチ)」のEVスポーツカーのコンセプト車と多目的車(MPV)の新車を発表した。EVの新しいモーター技術を開発したことを明らかにして、EVを柱に新エネルギー車事業を強化する方針を示した。

高精度のカーナビゲーション技術などを公開した上海蔚来汽車(NIO)はスポーツカーも展示した

高精度のカーナビゲーション技術などを公開した上海蔚来汽車(NIO)はスポーツカーも展示した

新興EVメーカー、上海蔚来汽車(NIO)は高精度のカーナビゲーション技術を発表した。米テスラと同等の精度という。李斌(ウィリアム・リー)CEOは「8月の納入台数は過去最高となった。これまでに販売したEVの合計走行距離は10億キロを超え、高級EVでは最も長い」と胸を張った。

(北京=多部田俊輔、川上尚志、渡辺伸)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]