/

この記事は会員限定です

[社説]新たな五輪モデル築く簡素化と感染対策

[有料会員限定]

来年に延期された東京五輪・パラリンピックで、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)が52項目にわたる運営の簡素化で合意した。

3000億円ともいわれる追加費用の削減と同時に、新型コロナウイルスの感染対策にもつなげることを狙ったものだ。さらなる簡素化が可能か検討を進め、とかく費用がかさむ五輪の新たな開催モデルを示す意気込みで取り組まねばならない。

合意した簡素化では、各国・地域のオリンピッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン