/

原発処理水「早く処分方針決める」 首相、福島第1原発を視察

菅義偉首相は26日、東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水について「できるだけ早く政府として責任を持って処分方針を決めたい」と表明した。「復興と廃炉の両立のため、国が前面に出てしっかり取り組んでいきたい」とも語った。福島県広野町で記者団の質問に答えた。

首相は26日、就任後初めて福島第1原発を視察した。「廃炉作業が安全で着実に進展していることを確認してきた」と話した。第1原発周辺に残る帰還困難区域については「最終的には全て解除し、住むことのできるように時間をかけてもやり遂げたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン