首相、看板政策に民間の知恵 就任後はや14人と面会

菅内閣発足
2020/9/27 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅義偉内閣が16日の発足から2度目の週末を迎えた。首相は休日返上で官房長官時代から重視する経営者や有識者らとの面会などにあて、ほぼ10日間で14人と意見を交わした。行政のデジタル化や規制改革、新型コロナウイルス対策で民間の知恵を取り入れ、看板政策の深化を急ぐ。

首相は26日も休まず、就任後初めて東日本大震災の被災地の福島県内を訪れた。2021年3月に震災から10年の節目を迎えるのを前に「福島の復…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]