ファンド主導で病院連携 ユニゾン、100億円投資
急性期と回復期で機能分化

2020/9/26 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

投資ファンドが主導する形での地域病院の連携が始まる。ユニゾン・キャピタル(東京・千代田)は埼玉県の病院に100億円超を投資することを決めた。すでに投資する近隣病院と、救急治療やリハビリ施設など機能ごとに医療を分担する。

新型コロナの感染拡大で通常の受診が控えられ、病院の収益は悪化している。今後、医療需要が戻らないとの見方もあり、財務安定や経営効率化が急務になっている。

政府は高齢化や人口減少を踏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]