/

震災遺構の中浜小を一般公開 児童ら守った備え伝える

震災遺構として一般公開が始まった、中浜小学校の屋上の倉庫。震災当日に児童らが避難し、段ボールなどで寒さをしのいだ(26日午後、宮城県山元町)=共同

東日本大震災の津波に襲われたが、教職員の指示で屋上に避難した児童ら90人全員が助かった宮城県山元町の中浜小学校が震災遺構として整備され26日、一般公開が始まった。海から約400メートルの校舎は、はがれ落ちた天井や曲がった鉄骨がそのまま残り津波の脅威を伝えるほか、映像や語り部、ガイドが事前の備えの重要性を訴える。

公開に先立つ式典には震災当時、校長として避難を指揮した井上剛さん(63)らが参加、テープカットを合図に、鳥の形をした白い風船を飛ばし祝った。井上さんは「最善の判断とは思っていないが、少ない情報を基に命懸けで行動した」と振り返り「当時の思いに触れてほしい」とあいさつした。

校舎内に通路を設け、児童らが避難し一夜を明かした屋上の倉庫を公開。井上さんが震災時を振り返る映像では、事前の備えや限られた情報を基に垂直避難を決めた経緯を説明する。

当時小学5年で屋上に逃れた横山泰雅さん(20)は津波で母を亡くした。震災後初めて校舎に入り「津波の怖さを知って災害に備える大切さを学んでほしい」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン