大阪市が都構想パンフ修正 特別参与が「不適切」指摘

大阪都構想
2020/9/26 16:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「大阪都構想」の制度案を説明する大阪市の広報紙やパンフレットを巡り、市が特別参与の大学教授から「メリット一色になっている」などの指摘を複数回受け、修正していたことが26日、市への取材で分かった。

市は都構想について説明するパンフレットを市内全戸に配布している。市の内部資料によると、7日に特別参与の山本良二近畿大教授(広告コミュニケーション)らにパンフレットの原案を提示した。

山本教授から「特別区…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]