/

この記事は会員限定です

法律身近に子供に伝授 いじめなど、身を守る助けに

[有料会員限定]

子どもたちへの「法教育」が脚光を浴びている。いじめ、18歳選挙権、新型コロナウイルスにまつわる差別問題など、身近な出来事を考える手段として法的な知識や考え方を身につける意義は大きく、専門家や弁護士らが中心となって活動を広げている。コロナ禍でオンライン配信などの工夫も始まった。

「こども六法」60万部突破

「当たらないように石を投げつけたり、水をかけたりするだけでも暴行だよ」。教育研究者、山崎聡一郎氏が2019年8月に出版した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1497文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン