上野のパンダ、まだ帰らないで! 東京都が中国側と交渉

2020/9/26 8:00 (2020/9/26 9:50更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

上野動物園(東京・台東)で飼育されているジャイアントパンダ2頭について、東京都が来年2月までの貸与期間を延長する方向で中国側と調整していることが26日、関係者への取材で分かった。パンダの集客力は動物園のみならず地域全体に波及し影響は大きい。都は延長期間など詰めの交渉を進めている。

上野動物園では現在、2017年6月に生まれたシャンシャン(香香、雌)と父親のリーリー(力力、15歳)、母親のシンシン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]