プロ野球

ここぞで一打、しぶといロッテ

2020/9/25 23:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

チームの安打数はリーグ最少のロッテだが、その代わり、1本1本の安打を生かす集中力は高い。二回、角中の左前打に井上が右前打で続き、敵失がらみの内野ゴロで同点。犠打のあと、荻野は三振に倒れたが、今季のロッテはしぶとい。

【25日のプロ野球 結果と戦評】

「チャンスをつぶしたかと思ったら、全員でカバーして2死からでもつないでくれた」。井口監督が表情を緩めたのは福田秀以下の打撃だった。福田秀が中前へ運び、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

5回ソフトバンク1死満塁、グラシアルが中前に適時打を放つ(22日、札幌ドーム)=共同

【ソフトバンク4―2日本ハム】ソフトバンクが15年ぶりの11連勝。二回に牧原の適時二塁打で先制し、五回は守備の乱れからグラシアルの適時打などで3点を追加した。ムーアは7回無失点で6勝目を挙げ、森が28 …続き (22日 21:41)

 阪神の生え抜きで通算104勝を挙げている能見篤史投手(41)が22日、来季の去就について球団と話し合ったことを明らかにし、球団を通じ「タイガースのユニホームを着て、皆さんの前でプレーするのは今季が最 …続き (22日 18:08)

 日本ハムの吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)は22日、札幌ドームで取材に応じ、今季就任9年目の栗山英樹監督の去就について「現状は何も決まっていない。シーズンの全日程が終わるまでは何も決定しない」と強調 …続き (22日 16:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]