米司法省、WeChatの配信禁止を要求

中国・台湾
2020/9/25 22:52
保存
共有
印刷
その他

米司法省は25日、中国発の対話アプリ「WeChat(ウィーチャット)」の米国における配信を禁じた措置の執行を認めることを米カリフォルニア州北部地区連邦地裁に求めた。ロイター通信が同日伝えた。ウィーチャットをめぐっては同地裁が20日、配信などを禁じた大統領令の執行を一時的に差し止めていた。

地裁に提出した書類で司法省は大統領令を一時的に差し止めた判断が誤りだと主張し、「国家安全保障や外交政策の脅威になる」と改めて述べた。10月1日までに判断することを求めている。

トランプ米大統領は8月6日、米国企業などに対してウィーチャットの運営会社との「取引」を禁じる大統領令に署名して9月20日を期限とした。今月18日に米商務省がアプリ配信やサーバーの提供を具体的な内容として示したことにより事実上の利用停止を迫ったが、直前に地裁が執行を一時的に差し止める命令を出した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]