/

ホテルオークラ東京別館、9月末で営業終了

ホテルオークラは25日、運営する「ホテルオークラ東京 別館」(東京・港)の営業を9月末で終了すると発表した。ホテルの営業は隣接し、2019年9月に開業した「オークラ東京」(同、旧ホテルオークラ東京)に集約する。別館の所有は続ける予定で、10月から21年9月末まで東京五輪・パラリンピック大会組織委員会に貸し出す。

9月末で営業を終了する「ホテルオークラ東京 別館」(東京・港)

営業を終了する別館は旧ホテルオークラ東京の別館として1973年に開業した。地下3階、地上13階の建物で、381の客室を持つ。新型コロナウイルスの影響で5月から休業していた。

別館を借りる大会組織委員会はボランティア用のユニホームの配布などを同施設で行う予定。21年9月末に返却された後は、別ブランドでのホテル運営などを検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン