スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

ホッカイドウ競馬「バブル超え」へ爆走中、過去最高視野

2020/9/28 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道の地方競馬が好調だ。新型コロナウイルスの感染拡大期には無観客開催の時期も続いたが、インターネット経由の馬券購入が浸透して挽回した。ホッカイドウ競馬(日高町)は残りの日程をこれまでと同様のペースで売り上げれば、売上高の「バブル超え」が視野に入ってくる。

ホッカイドウ競馬の9月24日終了時点の売上高は402億円。400億円の大台を突破したのはこれまでの年間最高発売額である454億円を売り上げた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第81回菊花賞を制し、史上3頭目の無敗での3冠を達成したコントレイルと福永祐一騎手=共同


 最終コーナーを回った際の手応えも良く、直線で後続を突き放すかにみえた。だが、コントレイルは過去6戦の内容からは想像できないほどの苦戦をここから強いられた。

 自身のすぐ左から馬体を並べてきた名手、ルメ …続き (25日 19:35)

第81回菊花賞を制したコントレイル(左)と2着のアリストテレス(25日、京都競馬場)=共同

 第81回菊花賞(25日・京都11R3000メートル芝18頭、G1)3歳クラシックレースの最終戦。1番人気のコントレイル(福永祐一騎乗)が皐月賞、日本ダービーに続いて3分5秒5で制して、デビューから7 …続き (25日 18:09)

菊花賞を制し、史上3頭目の無敗での三冠を達成したコントレイル(左)と2着のアリストテレス=共同

 日本の競馬に革命を起こした大種牡馬サンデーサイレンスがこの世を去ったのは、2002年8月19日。サンデーの代表産駒であるディープインパクトは、父の死の5カ月足らず前の同年3月25日に生まれた。サンデ …続き (25日 16:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]