村上海賊に思いはせ ゆかりの景色、切手シートに

2020/9/25 19:53
保存
共有
印刷
その他

日本郵便四国支社は切手「日本遺産 村上海賊と巡る瀬戸内しまなみ海道」を発売した

日本郵便四国支社は切手「日本遺産 村上海賊と巡る瀬戸内しまなみ海道」を発売した

日本郵便四国支社は、日本遺産「村上海賊」ゆかりの瀬戸内しまなみ海道沿いの史跡や景色をデザインした切手シートを発売した。愛媛県今治市で10月、PRイベント「日本遺産フェスティバル」が開催されるのを記念した。84円切手10枚セットで価格は1330円、1000部販売する。愛媛県内の全郵便局と、徳島、高松、高知の各中央郵便局などで取り扱う。

「来島城跡」や「能島城跡(国指定史跡)と潮流体験」、「村上海賊ミュージアム」などをあしらった。日本郵便四国支社の担当者は「切手を通じて、今治に息づく村上海賊ゆかりの景色を楽しんでもらえたら」と話している。

村上海賊は瀬戸内海の交易や流通を支える役割を担っていたとされ、文化庁の日本遺産に2016年に認定された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]