コロナ対策「数兆円規模」 厚労省の概算要求

2020/9/25 20:20
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は25日、同日まとめた2021年度予算の概算要求で金額を示さない「事項要求」とした新型コロナウイルス感染症対策の費用について、数兆円規模になるとの見通しを明らかにした。現時点の要求額は過去最高の32兆9895億円で、さらに上振れする見込み。最終的な予算額は年末にかけて検討して決める。

新型コロナ対策費は予見が難しいことから要求額を未定とし、項目だけを盛り込んでいる。医療提供体制の確保に加え、マスクといった医療用物資の備蓄や配布の経費を要求する。検査センターの設置推進や保健所機能の強化、ワクチンの購入費なども求める。

高齢化に伴う社会保障費の自然増も現時点での見通しはなく、要求額に盛り込んでいない。20年度予算では概算要求時点の自然増は5300億円程度だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]