/

コロナ対策「数兆円規模」 厚労省の概算要求

厚生労働省は25日、同日まとめた2021年度予算の概算要求で金額を示さない「事項要求」とした新型コロナウイルス感染症対策の費用について、数兆円規模になるとの見通しを明らかにした。現時点の要求額は過去最高の32兆9895億円で、さらに上振れする見込み。最終的な予算額は年末にかけて検討して決める。

新型コロナ対策費は予見が難しいことから要求額を未定とし、項目だけを盛り込んでいる。医療提供体制の確保に加え、マスクといった医療用物資の備蓄や配布の経費を要求する。検査センターの設置推進や保健所機能の強化、ワクチンの購入費なども求める。

高齢化に伴う社会保障費の自然増も現時点での見通しはなく、要求額に盛り込んでいない。20年度予算では概算要求時点の自然増は5300億円程度だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン