/

この記事は会員限定です

取引所FXの売買8月4割減 「店頭」は増加

[有料会員限定]

東京金融取引所が運営する外国為替証拠金(FX)取引の売買高が減少している。同取引所の「くりっく365」の8月の取引数量は171万枚(枚は1万通貨単位)と前年同月と比べて43%減った。2~6月は5カ月連続で前年同月を上回っていたが、7月以降は失速した。

一方、取引所を通さない店頭FXは取引が増えている。金融先物取引業協会の統計によると、店頭FXを扱う53社の8月の取引高は515兆円と同27%増えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン