スーパーのサミット、21年の正月三が日を休業

2020/9/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都圏地盤の食品スーパーのサミットは、2021年1月1~3日の正月三が日の休業を決めた。コロナ下の巣ごもり需要もあり、食品スーパーの店頭では従業員の負荷が強まっている。年始にゆっくり休める環境を整えることで、従業員の士気向上につなげる。食品スーパーでは労働環境の改善や人手不足への対応で年始の定休を拡大する動きが続いており、同様の取り組みが広がる可能性がある。

サミットは現在、1月1日と2日の2日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]