中高生にコロナ対策啓発 京都府、山中教授が動画で

京都
2020/9/25 19:45
保存
共有
印刷
その他

今後の新型コロナウイルス対策について、記者会見する西脇隆俊知事(25日、京都府庁)

今後の新型コロナウイルス対策について、記者会見する西脇隆俊知事(25日、京都府庁)

京都府は新型コロナウイルス感染対策で、中高生への啓発活動に京都大学の山中伸弥教授を起用する。山中教授が出演するメッセージ動画を府内の中学・高校で上映。生徒一人ひとりが感染予防に取り組むことが身近な人の命を守り、社会を守ることを訴える。

府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、今後の対応を協議。「このところの感染状況は落ち着いている」(西脇隆俊知事)との判断を踏まえ、「飲食店」「大学生」「重症化リスク」の3つを重点ターゲットとする感染防止対策を継続することなどを決めた。

一方、9月に入り、私立高校と公立中学校で相次いで集団感染が発生したことを注視。中高生への啓発では有識者のメッセージ動画を活用することにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]