/

この記事は会員限定です

大学の知、スタートアップが実用化後押し

[有料会員限定]

スタートアップ各社が大学で生まれた研究成果の実用化を支援する。基礎研究費を集めたり、企業との連携を仲介したりと、研究から起業まで一貫して支える。国内の大学発スタートアップは増加しているが、先行する米国に比べて差が大きい。日本から革新的な技術を持つ新興企業を生み出すには、先端技術をビジネスにつなげる仕組み作りが急務となる。

「膵臓(すいぞう)がんの幹細胞だけを退治したい」。研究者がウェブ上に自身の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン