ワーケーション、東北各地で取り組み 宮城は協議会

2020/9/25 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県の自治体、宿泊業、金融機関などが一体となって25日、「ワーケーション」を推進する宮城ワーケーション協議会を設立した。新型コロナウイルス感染拡大でリモートワークが浸透する中、宿泊施設を活用したリゾート型利用を拡大させる。同様の試みは東北各地で進められており、Wi-Fi環境など受け入れ体制を整備している。

●宮城 宮城ワーケーション協議会は村井嘉浩知事を名誉会長に、ホテル・旅館組合や七十七銀行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]