/

ひらまつ、29億円の最終赤字 21年3月期

飲食店事業などを手掛ける、ひらまつは25日、これまで未定としていた2021年3月期の連結最終損益が29億円の赤字(前期は19億円の赤字)になる見通しだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、レストランや婚礼などの営業を休止したのが響く。

売上高は前期比34%減の64億円を見込む。現在は利用人数を制限して営業を再開しているが、下期も前期並みの客足は期待できない。

ひらまつは同日、借入金の返済などを目的に投資ファンドのアドバンテッジアドバイザーズへ第三者割当増資を10月に実施すると発表。約20億円を調達する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン