ノートPC生産、30年に東南アが世界最大 台湾系調べ

中国・台湾
アジアBiz
2020/9/25 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=中村裕】台湾当局系の大手シンクタンクである資訊工業策進会産業情報研究所(MIC)は、2030年に世界のノートパソコン生産の5割を東南アジアが担うとの調査結果をまとめた。現在9割の生産を担う中国を抜き、ベトナムやタイを中心とした東南アジアが今後、世界最大の生産地になる見通しだ。

世界のノートPC市場は年間約1億6000万台(19年)。9割は中国で生産され、その大半を台湾企業が担う。MICは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]