東京ムーブメント

フォローする

五輪簡素化で準備前進 IOC・組織委、52項目合意

Tokyoオリパラ
2020/9/25 18:45 (2020/9/25 21:23更新)
保存
共有
印刷
その他

記者会見で質問に答える東京五輪・パラリンピック組織委の武藤事務総長(左)。中央はIOC調整委員会のコーツ委員長、右は組織委の森会長(25日、東京都中央区)=代表撮影

記者会見で質問に答える東京五輪・パラリンピック組織委の武藤事務総長(左)。中央はIOC調整委員会のコーツ委員長、右は組織委の森会長(25日、東京都中央区)=代表撮影

2021年夏に延期された東京五輪を巡り、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)は25日、大会関係者の人数削減など運営の簡素化で合意した。新型コロナウイルスの影響が続く中での開催を見据えた環境づくりの一環。年内に新たな予算と具体的な感染対策を決め、開催準備を再び本格化させる。

五輪の準備状況を監督するIOC調整委員会のコーツ委員長と組織委の森喜朗会長は同日、リモート会合後に記者会見。コーツ氏は「ポストコロナ時代にふさわしい簡素化された大会の項目を決めた」と語り、森氏は「団結と共生の象徴として、世界に大きな価値をもたらす大会となるよう全力を尽くす」と応じた。

組織委とIOCは今回、パラリンピックも含めて52項目の簡素化を進めることで合意した。選手を除く国際競技団体や各国・地域のオリンピック委員会などの五輪関係者を10~15%削減。会場の装飾は3~4割程度減らし、聖火リレーの関係車両やスタッフの数も見直す。組織委などは今後、簡素化に伴うコスト削減効果を精査した上で年内に大会予算を組み直す。

新型コロナの収束が見通せないなか、開催に向けて踏み込んだのはIOCのバッハ会長だった。22日公開の書簡で「(新型コロナの)現在進行中の制限下でも安全に大会を組織できる」と強調。選手らの検査徹底や無観客など、対策を講じた大規模なスポーツ大会が世界で問題なく開かれている事例を踏まえ「東京五輪を含む将来のイベントの準備に自信を与えてくれる」などと訴えた。

新型コロナ対策は、政府が東京都や組織委と9月に立ち上げた会議体で議論が進む。5回程度の会合を予定し、2回開いた。海外選手らに日本での活動計画書と誓約書の提出を求める代わりに、入国後14日間の待機を免除するなどコロナ下での大会ルールを検討する。3回目以降の会合で選手村や競技会場、観客などの感染対策を協議し、年内に対策をまとめる。

競技団体などからは歓迎の声が上がる。日本体操協会の山本宜史専務理事は「(バッハ会長の言葉などを聞いて)光が差してきたと感じた」と話す。海外でスポーツ大会開催が広がった結果、コロナ対策を施した上での開催の方策が見えてきたとし「選手たちも再び目標が目の前に出てきたのでは」と期待する。22日まで内村航平選手ら五輪候補が参加する大規模な大会を久々に開くなど、五輪を見据えて動き出している。

本番で観客をどれだけ入れるかは今後の焦点の一つだ。観戦チケットは国内向けの抽選だけでも五輪約448万枚、パラリンピック約97万枚を販売済み。延期前の売れ行きは好調で組織委は900億円のチケット収入の上振れも見込んでいたが、新型コロナで追加販売の見通しは立たない。

一方、IOCや組織委は1万人超の選手や競技数、43の競技会場を維持する方針。延期に伴う追加費用は3千億円とも指摘されるが、簡素化による経費の削減効果は「数百億円程度」(大会関係者)との見方もある。圧縮できない費用は都と組織委、国が分担を協議することになるため、調整が難航する可能性もある。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
晴海BRTターミナルを発着するバス。大量輸送のため、2車体をつないだ連節バスを導入した(写真:日経クロステック)


 東京都は都心と臨海部を結ぶバス高速輸送システム「東京BRT」の運行を10月1日から始めた。当初は5月24日に運行を始める予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受け延期していた。10月から始まった …続き (10/15)

新型コロナウイルス対策などの支出増で、五輪予算の見直しは追加負担の分担が焦点となる(国立競技場)

 東京五輪・パラリンピックの簡素化に伴うコスト削減額が約300億円で固まったことを受け、今後は年末に向け新たな大会予算の策定作業が本格化する。新型コロナウイルス対策などの支出増で、1兆3500億円の当 …続き (10/13)

 「プライドハウス東京レガシー」について説明する運営団体の松中権代表(左から2人目)ら(11日、東京都内)=共同共同

 来夏の東京五輪・パラリンピックに向け、性的少数者の情報発信拠点「プライドハウス東京レガシー」が11日、東京都内に開所した。運営団体によると、相談事業や資料収集、啓発イベントの実施など、性的少数者に関 …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]