/

この記事は会員限定です

STIFHD十見社長「21年12月期に生産能力4割増」

[有料会員限定]

水産品の製造、販売を手掛けるSTIフードホールディングスが25日、東証2部に上場した。初値は公募・売り出し価格(1900円)を180円(9%)上回る2080円だった。終値は2050円。同社は自社のグループ工場で焼き魚やおにぎりの具を生産し、セブン―イレブンを中心としたコンビニエンスストアなどに販売している。同日記者会見した十見裕社長は「上場で得た資金を工場の新設に充て、2021年12月期末には生産能力を約4割増やす」と話した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン