AIが職場に生む多様性 「賢いテック」と働こう
本社コメンテーター 村山恵一

村山 恵一
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/9/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界は「どこでも人工知能(AI)」の実現に向けて歩みを速める。そう感じさせるニュースが相次いでいる。3つ挙げたい。

まず米エヌビディアがソフトバンクグループから半導体設計の英アームを買収すると発表した。4兆円を超す大型案件だ。

スマートフォンや自動運転車、ロボットなどをネットにつなぎ、「AIコンピューティングを地球の隅々に広げる」。エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は言う。

本社コメンテーター

IT・スタートアップ

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]