/

経産相「処分方針 早急に決定」 福島原発処理水巡り

梶山弘志経済産業相は25日、東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水について「早急に処分方針を決める必要がある」との考えを改めて示した。福島県庁で内堀雅雄知事と面会後、報道陣の質問に答えた。

梶山経産相(中央)は内堀福島県知事(左)と面会した(25日、県庁)

梶山経産相は「意見を聴きたい方が残っている」とも話し、海洋放出に反対する全国漁業協同組合連合会(全漁連)などに聴取する方針も示した。処理水をためるタンク増設の可否については「降雨や汚染水発生抑制策の効果を検証しつつ、精査しているところだ」とした。

梶山経産相は内堀知事との会談で「原発の廃炉、汚染水対策が最重要であることに変わりはない」と強調。同知事は「安全、着実に進むのが福島復興の大前提だ」と応じた。

処理水を巡っては同省の小委員会が2月、海洋か大気への放出が現実的だとする見解を公表。東電の試算では2022年夏ごろに貯蔵タンクの容量が満杯になる見込み。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン