安倍外交、同盟強化が起点 安倍前首相インタビュー
中国台頭で米と危機感共有

菅内閣発足
2020/9/26 2:01 (2020/9/26 5:14更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インタビューに答える安倍晋三前首相(24日、東京都千代田区)

インタビューに答える安倍晋三前首相(24日、東京都千代田区)

安倍晋三前首相は日本経済新聞のインタビューで、7年8カ月の長期政権を振り返った。2016年11月、米大統領選で極東からの米軍撤退を示唆し、同盟見直しを掲げたトランプ大統領が勝利し、日本外交は緊迫した局面にあった。安倍氏は就任前のトランプ氏を訪ねて中国の軍事的な台頭を背景に日米同盟の重要性を訴え、退陣に至るまでの強固な関係の起点とした。

16年11月17日、米ニューヨークのトランプタワーでのトランプ氏との会談は予定の倍の1時間半に及んだ。10日ほど前に大統領選に勝ったばかりのトランプ氏にとって、安倍氏は選挙後初めて会う海外首脳だった。

■東アジア情勢、図表広げ説明

「あなたはエスタブリッシュメント(支配層)に挑戦して勝った。私も野党だったが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]