大手地銀、電子地域通貨で地元貢献型キャッシュレス

2020/9/28 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は2021年2月、長崎県南島原市内の店舗で使える電子地域通貨「MINA(ミナ)コイン」を発行する。横浜銀行は、行員が地元飲食店で使える電子地域通貨を実証実験中だ。預金の不正引き出し問題に揺れるキャッシュレス決済だが、大手地銀は地元経済に貢献するキャッシュレス決済のあり方を探っている。

ふくおかFGは南島原市や市商工会と組み、デジタル地域通貨事業を手掛けるフィ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]