/

元法相の公判12回取り消し 東京地裁、再開めど立たず

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(57)の公判に関し、東京地裁は25日、28日から10月16日までの計12回の期日を取り消した。元法相は今月15日の公判後に弁護人6人を全員解任。新たな弁護人が決まるまでは刑事訴訟法の規定で公判を開くことができず、再開のめどは立っていない。

克行元法相と妻の参院議員、案里被告(47)は8月の初公判で、地元議員らへの現金供与をおおむね認めた上で買収の意図は否認し、無罪を主張した。元法相の弁護人解任に伴い、16日以降は夫妻の公判が分離され、案里議員の審理だけが続いている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン