帯広畜産大と帯広商議所が協定、地域産業の活性化で

2020/9/25 17:26
保存
共有
印刷
その他

帯広畜産大学(北海道帯広市)と帯広商工会議所は25日、連携協定を結んだ。農業や食品などの地域産業活性化と人材育成で協力する。具体的な内容については今後検討するが、バイオガス発電で生じる消化液の無害化や液肥としての活用の研究を想定している。

帯広商議所は会員企業に大学への研究支援や共同研究を呼びかける。研究成果を活用し、産業振興や地域課題の解決につなげる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]