/

東京版CDC、名称は「東京iCDC」に

東京都の小池百合子知事は25日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の司令塔となる東京版CDC(疾病対策センター)の名称を「東京iCDC」にすると発表した。10月1日に開設し、医療機関のクラスター対策のほか、感染状況の情報収集や発信、調査・分析などに当たる。

iCDCのトップには福祉保健局の初宿和夫健康危機管理担当局長が就く。同局感染症対策部の職員ら約80人が中心メンバーとなり、区市町村の保健所のほか都内の医療機関、東京都医師会などと連携しコロナ対策に当たる。

都はiCDCに医師ら専門家による「専門家ボード」も置き、政策提言をしてもらう。ボードの座長には賀来満夫東北医科薬科大学特任教授が就任する。賀来氏は10月1日付で都参与にも就く。

名称について、小池氏は「iCDCは感染症(infectious disease)を対象にしているので、iを入れた」と述べた。東京版CDCを巡っては都医師会が設置を提言し、小池氏が7月の都知事選で目玉公約に掲げた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン