/

この記事は会員限定です

大還元後のマクセルHD、ROE改善のカギは回転率

証券部 岩本圭剛

[有料会員限定]

マクセルホールディングスの自己資本利益率(ROE)が低迷している。一世を風靡したカセットテープの販売で蓄えた利益を「物言う株主」らに大規模還元して財務レバレッジを高めてきたものの、新型コロナウイルスの打撃もあり目標とする6%の達成は厳しい。ROEを高めるカギは事業の絞り込みによる総資産回転率の向上にありそうだ。

マクセルHDが2021年3月期を最終年度とする中期経営計画で掲げたROEは6%。だがコロナショックで主力の自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン