伊藤食品の吉田さん、パステルカラー外装のツナ缶開発
きらり人財

2020/9/25 16:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

白や銀を基調としたツナ缶が並ぶ缶詰売り場で、ピンクや水色のパステルカラーが目を引く。缶詰としては斬新な外装の商品を開発したのは、伊藤食品(静岡市)営業部の吉田侑未さん(26)だ。

同社は2008年ごろ、OEM(相手先ブランドによる生産)から自社製品の製造に転換。吉田さんはブランド力向上に力を入れる同社で商品開発を担う。従来にとらわれない考えとSNS(交流サイト)を駆使して、若者や子育て世代に訴求…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]