風土が育む 方言とワインと多様性
こだま

栃木
2020/9/25 16:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「君、なまってるね」

耳にして30年以上たつというのに、いまだに忘れることのできない一言だ。

西日本出身の筆者が東京の大学に入学して間もない頃のことだった。グループで雑多な話をし、自分がたまたま何かを力説した時、目上の人の口から冒頭の言葉が出た。自分はテレビで見る人のように話したつもりだった。

穴があったら入りたいという経験を人生で何度もしてきたが、これもその一つ。当時の自分にとって故郷の言葉の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]