マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話

2020/9/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先行き不透明感が漂っていた国内の住宅市場に変化が起きている。きっかけは新型コロナウイルスの感染拡大。在宅でのテレワーク移行に伴い、郊外のマンションや戸建て住宅の販売が上向き始めた。新築一辺倒ではなく中古物件も健闘している。新型コロナは人々の住宅に関する考え方を変えつつある。

「テレワークで都内に住む必要性がなくなったため、環境重視で鎌倉に決めた」。三菱地所レジデンスが神奈川県鎌倉市で2022年2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]