/

この記事は会員限定です

「幸せ」視点の少子化対策

[有料会員限定]

「出産を希望する世帯を広く支援するため、不妊治療への保険適用を実現する」。菅義偉首相は自民党総裁選告示日の8日、いち早く宣言した。

ツイッターでは「不妊治療」がトレンド入りし、好意的なコメントがあふれた。背景にあるのは晩婚化などによる出産年齢の上昇だ。不妊の検査や治療を受けた夫婦は5組に1組。体外受精などの費用は高額で1回、数十万円かかる。

「たたき上げ」と自らを評する首相は生活者目線に立った政策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン