小田急・京急も終電繰り上げ検討 保守作業時間の確保へ

2020/9/25 15:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

保線人員の負担減が課題になっていた(小田急電鉄の車両)

保線人員の負担減が課題になっていた(小田急電鉄の車両)

小田急電鉄京浜急行電鉄は最終電車の発車時刻を繰り上げる検討を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で深夜時間の利用者は減っている。終電から始発までの保守作業の時間を伸ばし、作業員の勤務日数を減らすなどの狙いがある。終電ダイヤの繰り上げはJR東日本なども実施を予定し、西武鉄道も検討を始めた。首都圏で同様の動きが広がる可能性がある。

具体的な繰り上げの規模や時期は今後の利用状況を見極めて決める。安全運行に不可欠な線路などの保守・点検作業時間は終電後から始発までの間に限られ、作業員は勤務日数を減らしにくい。負担の重さから人員が確保しにくく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]