/

この記事は会員限定です

「三国志」アジアでヒット、コーエーテクモの戦略は

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

歴史シミュレーションゲームを手がけるコーエーテクモホールディングス(HD)が事業の拡大を進めている。2017年に発売したゲームソフト「仁王」は世界で300万本を出荷、同社で最も売れたゲームになった。3~5年後には500万本売れるゲームの開発を目指し、開発力を強化する。「信長の野望」のプロデューサーでもある襟川陽一社長に今後の展望を聞いた。

――20年4~6月期はゲームソフトなどエンターテインメント事業の売上高は前年同期比68%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン